今回私が賃貸マンションの引っ越しを行った中で、いろんなことを感じ考えたことを文章にしたもの

仲間もできる賃貸経営とは?
仲間もできる賃貸経営とは?

賃貸マンションの転居に関すること

私はこのたび仕事の都合で約10年間を過ごした今の賃貸マンションを引っ越さなければならなくなりました。結婚後に初めて借りた3LDKのマンションでそれまでは普通の一人暮らしの社会人が住むような1Kのマンションにっ住んでいた私は、『ここが俺の城だ』と何か感じるものがあったのを覚えています。いざ引っ越さなくてはならなくなり家具の整頓や掃除を始めてまず最初に思ったことは、荷物の多いこと多いこと!こんなにもさまざまなものを買っていたのかと、自分でも驚くぐらい、どんどん押入れの中から出てくるものです。その中には娘との思いでの品や昔熱中したゲームなど、とても大切なものなのに忘れていた品物が多くありました。

思い出に浸りながらの片づけがひと段落すると、次に待っていたのは解約の手続きと新規マンションの契約です。これがまためんどくさい!!さまざまな書類を書かなければならず、またいろいろな書類も取りに行かなければならずで。普通に暮らしているときは早く引越ししたいねなんて言っていた家族もやることいっぱいでへとへとでした。そしていよいよ新居へ。満足な点も不満足な点もある今の賃貸マンションですが、やはり新しい家は気分が違うもの。改めて頑張ろうと思える瞬間でした。

Copyright (C)2017仲間もできる賃貸経営とは?.All rights reserved.